私は平成11年より4期16年間にわたって市議会議員として皆様の力強いご支援を賜って参りました。
習志野市は市民の皆様のご理解ご協力のもと、自主自立のまちづくりを目指して行財政改革を断行しつつ、市民生活の向上に向けた諸施策に大きな成果を挙げてきたところであります。

しかし「地方自治体を取り巻く状況は厳しい」と言われて久しく、先行き不透明感は未だに払拭できない状況にあります。これから先、更に厳しい状況になるのではないでしょうか。
政治に託された課題は多岐にわたりますが、私は4期16年の議員活動の経験から、今もっとも重要なものは地域の活性化、特に地域経済の活性化と少子高齢化社会に対応した仕組みづくりであると考えています。

そして、市政発展のためには県全体の発展が大きく関わってくるものと考えます。市政と県政は多くの面で関わりを持っています。私は市政と県政をつなぐ架け橋となり、習志野市民の立場から県議会において発言していく決意をしました。

皆様の力強いご支援をよろしくお願いいたします。

斉藤賢治